努力だけでは、夢は叶わないと気づいた・・・あなたへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に、手帳は必要ですか?

みなさん、手帳はお持ちですか?

ほとんどの方が、現在使っている
または、以前使っていたと思います。

実は、

私は、

手帳が

大嫌いなんです。

ビジネスパーソンの必需品になっているこのツールですが、
正直、私は、
使いこなせれませんでした。

私が初めて買った手帳は、
フランクリン手帳です。

ご存知の方も多いと思いますが、
ベストセラー「七つの習慣」で
有名なフランクリン・コヴィー社のビジネス手帳です。

当時は、まだ大学生でしたが、
成功したい一心で、
中身のファイルだけでも5千円、
本革のバインダー(バイブルサイズ)をセットで、
1万5千円も出して買いました。

手帳の中身と言えば、

・1年間のスケジュール

・1ヶ月のスケジュール

・1日のスケジュール

・TO DOリスト

・目標設定(逆算設定法)

・価値観を発見する為の質問シート

・家計簿

・アドレス帳

・メモ帳

・緊急時用の電話帳(110や119とか)

・なぜか?世界地図

・本当に必要なの?何十年先までのカレンダー

など

かなり、てんこ盛りの機能でした。

このビジネス手帳は、
自分の価値観を発見し、
その上に目標や計画を立案して行くのが
売りなんですが、

どうも、ケータイと同じで

使わない機能が多すぎ!(使い切れないとも言えます)


のような気がします。

本当に必要な機能なんて、かなり限定されています。

特に使用頻度の高い機能と言えば、

スケジュール帳
アドレス帳
メモ帳
TO DOリスト

ぐらいです。

しかも今は、
ケータイの機能が重複しているので、
なおさら必要ないと思います。

しかし!
紙に書くと願望が叶えやすくなる
と言うビジネス書にあるように、
アナログツールの強みもたくさんあります。

次は、手帳以外のアナログツールを
ご紹介しましょう!

追記

「7つ習慣」やフランクリン手帳は、
価値観の発見や主体性のある考え方を
身に付けるためには、一度は試すことをお勧めします。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。