FC2ブログ

努力だけでは、夢は叶わないと気づいた・・・あなたへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログツールの強みとは?

時間管理やライフハック系の本では、ケータイやノートパソコンなどの
デジタルツールをピックアップする事が多いですが、
改めて、アナログツールを見直して見ましょう。

代表例として、

①ルーズリーフ

②ポストイット

③メモ帳

④三色ボールペン

⑤ノート

などがあります。

まずは、
これらツールに共通する利点はなんでしょう?

それは、すぐに書ける!
ことです

当たり前ですが、思いついた時に、紙に書き出すことができる。

この利点は、特にアイデアや企画書を考える時に最大限に発揮されるようです。

グラフィック、Web、アニメの制作から、
建築や自動車のデザインのラフデザインまで、
いまだに、紙に書くことが多いようです。

今度は逆に欠点
はなんでしょうか?

それは、検索や管理しにくいことです。

ポストイットや付箋紙などをメモ用紙にすると
、日に日に増えて、机やノートが付箋だらけに
なることがありませんか?
私はあります!

また、ルーズリーフやノートもどんどん増えていくので、必要な情報を探すのに時間がかかります。

そこで、
アナログツールとデジタルツール
の合わせ技をご紹介します。

①思いついた事は、すぐにアナログツールに書き溜める。

②付箋紙なら一つの場所に、まとめておく。

③スキマ時間を見つけたら、今までの書き溜めた情報から残す情報だけ、ケータイのメールに書き写し、図形や絵は、デジカメで撮る。

④不要な用紙やノートを破棄。

これなら、
すぐに書けると言う長所を活かしながら、
必要、不必要な情報を振り分けられ、
ケータイで管理できる!
また、パソコンに送信して管理しても良いでしょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。