努力だけでは、夢は叶わないと気づいた・・・あなたへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報は、本当にお金になるのか?

今、流行りの知的生産術、ライフハック、
整理術は、どこまで使えるのか?

ビジネス書籍を頻繁に読まれてる方なら、
書籍を買う時に、必ず意識してチェックすることでしょう。

上記のように、
意識しながら、読み込んで行くと

情報化社会において、情報を現在のお金(通貨)である

情報をもっていない人から、情報が多くもつ人へ、
お金が移動する仕組み


という内容をよく目に付きます。


確かに、そのとおりだと思う。

高度成長期のような産業時代は、
有能な労働者を育成するため、
学歴や職業的能力を重んじる傾向が強かった。

それは、物不足で、ベビーブーマーへ
需要拡大し、大量生産・大量消費をする経済構造が、
日本の資本主義を支えました。

ところが、

今は物余りの時代だから、
単に物を売るだけでなく、
精神的な満足感を付加価値にしなくてはいけない。


精神的な満足感へのシフトは、
お笑い芸人ブームや
店舗や内装は、オシャレだけど、あまりおいしいないのに、
流行っている飲食店などから、
みなさんも、感じられていると思います。

続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。